【洋画】「パブリック・エネミーズ/Public Enemies」(2009)【観戦記】「第72期名人戦A級順位戦〔第42局の11▲三浦弘行九段△久保利明九段〕精魂尽き果てて」上地隆蔵さん

2014年04月02日

【洋画】「エイリアンVSプレデター/Alien vs. Predator, AVP」(2004)

〔ひと言感想〕
成る程、「敵の敵は味方」である様に、「悪役の悪役はヒーロー」かもしれません。(笑)
敵と味方、悪人と善人は紙一重です。


エイリアンVS.プレデター 完全版 [DVD]
出演:サナ・レイサン
監督:ポール・W・S・アンダーソン 
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
2012-07-18




【セバスチャン(演:ラウル・ボヴァさん)】
あれが開いた時が最後だよ。

【レックス(演:サナ・レイサンさん)】
まだ望みはあるわ。

【セバスチャン】
望みって?

【レックス】
このピラミッドはサソリ(=エイリアン)の監獄。
私たちが看守(=プレデター)の武器を盗んだから、囚人が逃げ出した。
鎮めるには、看守に武器を返せばいい。
あの扉が開いたら、彼らに武器を返すのよ。

【セバスチャン】
正気かよ。
獲物が狩人に武器を渡したりしたら、殺されるだけだぞ。

【レックス】
獲物はサソリの方よ。
狩人に味方をして、隙を突いて逃げるの。

【セバスチャン】
どっちもバケモノだ。

【レックス】
たしかに、私たちが生きてここから出るのは難しいかもしれない。
でも、あのサソリだけは、絶対地上に出させてはいけない。
もしそうなったら、人類そのものが滅びるわ。

【セバスチャン】
つまり敵の敵は味方」ってことか。


kimio_memo at 06:58│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【洋画】「パブリック・エネミーズ/Public Enemies」(2009)【観戦記】「第72期名人戦A級順位戦〔第42局の11▲三浦弘行九段△久保利明九段〕精魂尽き果てて」上地隆蔵さん