【邦画】「不毛地帯」(1976)【第72期名人戦/第二局】羽生挑戦者、踏み込むべきは踏み込み、再点検すべきは再点検し、開幕二連勝

2014年04月23日

【洋画】「クレイジー・ハート/Crazy Heart」(2009)

〔ひと言感想〕
要するに、人生はスポットライトを浴びるよりドサ回りに追われるのが常だが、人は、死ぬまで前を向いて生きる以外無く、企業のリストラと同様、問題の元凶を自分に見出し、捨てるべきは捨て、捨てられるべきは捨てられ、然るべき対処を敢行、受容しなければいけない、と。
そして、何かを得ることは何かを失うことであり、何かを失うことは何かを得ることだ、と。
人が誰かを好きになるのは、他者に自分を再発見して前を向いて生き直す、然るべき生まれ変わりかもしれません。


クレイジー・ハート [DVD]
出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ジレンホール
監督:スコット・クーパー 
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-12-19

 

kimio_memo at 06:32│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【邦画】「不毛地帯」(1976)【第72期名人戦/第二局】羽生挑戦者、踏み込むべきは踏み込み、再点検すべきは再点検し、開幕二連勝