2020年02月

2020年02月20日

【洋画】「コクーン2 遥かなる地球/Cocoon: The Return」(1988)

[ひと言感想]
「親が先に死ぬのが順序だ」とのベンの言は成る程、かつ、尤もである。
私の専門は企業経営だが、経験値を重ねてつくづく思うのは、企業だけでなく、家族も、社会も「システム」であり、肯定的に存続するには「エコシステム」の構築(と不断の改修)と運用、即ち、担保が欠かせない、ということである。
「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」というが、これは個人の存在が期間限定的な軍隊や企業でのみ通用する話であり、非限定的な家族や社会では「老人が先に死ぬのが順序」である。
人間が永遠の命を欲するのは道理だが、現世が故人を要するのも道理である。


コクーン2/遙かなる地球 [DVD]
出演:ドン・アメチー、ウィルフォード・ブリムリー、コートニー・コックス
監督:ロン・ハワード
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-09-05

続きを読む

kimio_memo at 06:43|PermalinkComments(0) 映画 

2020年02月18日

【洋画】「コクーン/Cocoon」(1985)

[ひと言感想]
人間が愚かな理由の一つは、無くしてみて初めて「その」コト、モノ、ヒトのあり難さに気づくからである。
翻って言えば、いつでもアクセスできると「その」コト、モノ、ヒトのあり難さに気づかない、当然視してしまうからである。
あり難さは正に「有り難さ」、そして、「在り難さ」であるという訳だが、更に愚かなのは、一旦無くすと、或いは、無くしかけると過剰に「その」コト、モノ、ヒトをあり難く感じるからである。
健康、命はなぜあり難いのか。
本当にあり難いのか。
長寿の選択肢と可能性にアクセス可能な我々現代人は、平時、この自問自答を済ませる必要がある。


コクーン [DVD]
出演:ドン・アメチー、ヒューム・クローニン、ブライアン・デネヒー
監督:ロン・ハワード
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2003-12-19




kimio_memo at 07:26|PermalinkComments(0) 映画 

2020年02月10日

【邦画】「火宅の人」(1986)

[ひと言感想]
立川談志は落語を「業の肯定」と言ったが、それを地で行ったのが桂一雄の生涯である。
「業の肯定」は「開き直り」であり、「現実逃避」である。
現実に生きる周囲には迷惑千万だが、引き受け手が居ないこともないからこの世は面白い。
なぜ彼、彼女たちは引き受けるのか。
結局、当人を憎み切れないからである。
なぜ憎み切れないのか。
自分にはない非常な無責任さ、純粋さ、人間臭さに、同じ人間として降参してしまうからである。
「業の肯定」は極めてこそ、である。


火宅の人 [DVD]
出演:緒形拳、原田美枝子、松坂慶子、いしだあゆみ
監督:深作欣二
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-06-08




kimio_memo at 07:26|PermalinkComments(0) 映画