2021年02月26日

【洋画】「パラサイト 半地下の家族/Parasite」(2019)

[ひと言感想]
「格差社会」は近年の流行語だが、社会に格差が在るのは今に始まったことではない。
近年、格差が声高に社会悪化したのは、主に、インターネットが発展し、格差が過剰に可視化されるようになったから、そして、民主主義と人権のコンセンサスが変質し、個人の能力と経済の不平等が政治問題化、人権問題化され易くなったから、に過ぎない。
社会は、個人というユニークネスの集合である、
この先、格差は広がることはあれ、縮まることも、ましてや無くなることもない。
格差社会を生き抜くには、否、謳歌するには、恵まれた能力を見極め、持てるリソースを集中投下すること、そして、「ヨソはヨソ、ウチはウチ」「人は人、自分は自分」を脳内ヘビロテ(笑)すること、が最重要である。


【Amazon.co.jp限定】パラサイト 半地下の家族 [DVD] (Amazon.co.jp限定;スペシャルDVD+メーカー特典;オリジナルクリアファイル[A4サイズ])
出演:ソン・ガンホ、チェ・ウシク、イ・ジョンウン、チョ・ヨジョン、イ・ソンギュン
監督:ポン・ジュノ
バップ
2020-07-22




kimio_memo at 07:11|PermalinkComments(0) 映画 

2021年02月24日

【邦画】「阿弥陀堂だより」(2002)

[ひと言感想]
人をいかすも殺すも人である。
人生の要所は、人を選ぶことである。


阿弥陀堂だより 特別版 [DVD]
出演:寺尾聰、樋口可南子、田村高廣、北林谷栄
監督:小泉堯史
アスミック
2003-06-06




kimio_memo at 06:56|PermalinkComments(0) 映画 

2021年02月22日

【洋画】「白いカラス/The Human Stain」(2003)

[ひと言感想]
人が道連れを求めるのは、消せない傷があるからである。
人生は、消せない傷との闘いである。


白いカラス [DVD]
出演:アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン、エド・ハリス、ゲイリー・シニーズ
監督:ロバート・ベントン
ギャガ
2019-02-02




kimio_memo at 06:56|PermalinkComments(0) 映画 

2021年02月19日

【邦画】「どら平太」(2000)

[ひと言感想]
仙波の切腹に同情する。
そう、習慣化した不正とその蜜の味は自分ではやめられない、とまらない。


どら平太 [DVD]
出演:役所広司 、 浅野ゆう子、宇崎竜童、片岡鶴太郎、大滝秀治、菅原文太
脚本:黒澤明、木下惠介、市川崑、小林正樹
監督:市川崑
Happinet(SB)(D)
2013-12-03




kimio_memo at 07:02|PermalinkComments(0) 映画 

2021年02月17日

【邦画】「母と暮せば」(2015)

[ひと言感想]
死は不条理である。
死が奪うのは、個人の命に加え、伴侶の心である。
生命の根本は不条理の耐性である。


母と暮せば [DVD]
出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華
監督:山田洋次
松竹
2016-06-15




kimio_memo at 07:26|PermalinkComments(0) 映画 

2021年02月12日

【洋画】「レイジング・ブル/Raging Bull」(1980)

[ひと言感想]
チャンピオンの本質は不撓不屈である。
人生は多事多難だが、天然かつ真のチャンピオンはやはり不撓不屈である。


レイジング・ブル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
出演:ロバート・デ・ニーロ、キャシー・モリアーティ、ジョー・ペシ
監督:マーティン・スコセッシ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2019-07-24




kimio_memo at 06:55|PermalinkComments(0) 映画 | -ロバート・デ・ニーロ出演作

2021年02月09日

【洋画】「トレマーズ2/Tremors 2: Aftershocks」(1996)

[ひと言感想]
成る程、「こんな状況」だからこそ、人は人生を考え、笑うべきである、と。
人は、愉快だから笑うのではない。
笑うから愉快、有望になるのである。


トレマーズ 2 [Blu-ray]
出演:フレッド・ウォード、マイケル・グロス、ヘレン・シェイバー
監督:S・S・ウィルソン
ジェネオン・ユニバーサル
2013-11-27


続きを読む

kimio_memo at 07:30|PermalinkComments(0) 映画 

2021年02月08日

【洋画】「ラ・ラ・ランド/La La Land」(2016)

[ひと言感想]
自分が今あるのは、叶わなかった未来があるからである。
叶わなかった未来は、今の自分の礎であり、誇りである。


[おトク値!]ラ・ラ・ランド[DVD]
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン
監督:デイミアン・チャゼル
ポニーキャニオン
2020-12-16




kimio_memo at 07:14|PermalinkComments(0) 映画 

2021年02月02日

【洋画】「逃亡者/The Fugitive」(1993)

[ひと言感想]
人生は多事多難である。
芸は身を助け、性根は生を助けるのである。
誠実と潔白は、人生の鉄則である。


逃亡者 [DVD]
出演:ハリソン・フォード、トミー リー ジョーンズ、
監督:アンドリュー・デイビス
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21




kimio_memo at 07:08|PermalinkComments(0) 映画 

2020年12月16日

【洋画】「沈黙 -サイレンス/Silence」(2016)

[ひと言感想]
私が入学した大学はキリスト教のそれで、「キリスト教概論」が必修科目だった。
私は信者ではなかったが、当時主人公と同様の問題意識を抱き、担当教授に以下の旨噛み付いた、もとい(笑)、個別質問したことがある。
「神が実際に存在するなら、なぜ実際、不条理かつ不可抗力の辛苦から信者を救わないのか」。
記憶が正しければ(笑)、教授の回答は以下の旨である。
「個人の辛苦は、理由の如何を問わず全人類的、全宇宙的に見れば目くそ鼻くそ、かつ、知れており、神に個別救済されるべきものではない」。
若い私は当然得心できず、更に反駁したが(笑)、老成の境に入り始めた今、成る程言い得て妙に思う(し、こんな無礼かつ屁理屈屋の私に上から二番目の「A」の履修成績を恵んだ教授に最敬礼するばかりである)。
そうである。
人生を切り開くのは自助努力以外なく、そのモチベーションとシステムは、人生と同様「いろいろ」在って然るべきである。


沈黙-サイレンス- [DVD]
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形
監督:マーティン・スコセッシ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-08-02


続きを読む

kimio_memo at 07:00|PermalinkComments(0) 映画