2016年07月01日

【人生/経営】「小倉昌男 祈りと経営」小倉昌男さん、森健さん(著)

P243
第8章 最期の日々
平穏の祈り


(前略)

あえて指摘するまでもないことだが、現代において物流は電気や電話と同じような基礎的インフラとなっている。インターネットでの通信販売やものの流通が加速度的に展開するなかで、物流はかつてないほど重要な基幹産業になった。

いまや電話一本かければ、どこの地域でもクロネコヤマトは集荷に来るし、どこの地域に住んでいてもクロネコヤマトが届けにくる。

(中略)

そんな宅急便という発明を行ったのが小倉昌男だった。

これまで多くのメディアが小倉を語ってきた。曰く、宅急便の父、曰く、行政の規制と闘った闘士、曰く、障害者福祉に私財を捧げた篤志家・・・。どれも間違いではなかったが、それですべてが表現されているわけでもなかった。

長い取材を振り返ったとき、そのほかにもう一つ、現代を先取りする問題に小倉は向き合っていたことに気づいた。精神の病という問題である。

うつ病が社会問題となって知られるようになったのは、90年代後半から2000年台に入ってのことである。いまではうつ病など気分障害の患者は約百十万人を超え、広く知られるようになっている。また精神科や心療内科の医療機関も格段に増え、精神の病は身近なものとなった。

だが、それ以前、うつや精神疾患はさほど一般的ではなく、周囲に隠すのがつねだった。偏見や誤解も少なからずあったうえ、親族に精神の病をもった者がいた場合、就職や結婚などに影響が及ぶ可能性もあった。そのため、精神の病は秘匿されるものだった。そんな時代に、小倉は妻と娘の病を抱え、対峙していた。明晰な頭をもつ小倉からすれば、娘や妻の異常な振る舞いをただの性格と片付けていたわけではないだろう。真理は中学にして長期の入院をし、長じてはアルコール依存や摂食障害になった。妻の玲子は世間体に対するストレスや娘の対立から、アルコール依存や抑うつ状態になっていた。

たびたび家庭内で繰り返された毒の込められた言葉の応酬。そんな地獄絵図のようななかで、小倉は二人を叱らず、つねに曖昧な態度に終始していた。小倉が声を荒立てなかったのは、彼が「小心者」だったからではないだろう。

その理由を考えると、合理的な答えが自然と浮かぶ。小倉は早い段階で、二人の振る舞いの根源が病から発していると気づいていたのではないか。そう考えると、小倉の対応がいつでも控えめだったことも納得がいく。娘がいかに暴れようとも、妻がいかにアルコールに溺れようとも、そして自分を傷つけようとも、心の病とわかっていたから怒れなかったのである。

もちろん、ただ単に家族に声を荒げたくなかった可能性を否定するわけではない。心根のやさしき小倉であれば、主義としてそうしたくなかったのも理解できるからだ。

それでも、精神疾患や精神障害という病に理解の乏しかった時代に、小倉が娘に心を砕いていたことはうかがえる。思春期の端緒から心に病をもった娘には、本人の希望どおり、宝塚音楽学校に行かせてあげ、ハワイに留学させてあげる。それで娘が前向きになり、精神疾患が安定するのであれば、小倉にとっては何でもないことだっただろう。

同様に、妻の玲子が気持ちがふさぐのであれば、海外の出張にも同行させ、北海道や九州への出張へも同行させた。そして、妻のならっていた俳句も自身でも嗜み、宗派も改宗した。もしかすると改宗という決断も、妻と同じ宗派に合わせるというだけでなく、毎朝歩いて教会に通うという日課が妻の心を安んじさせると思ったのかもしれない。

それでも悲劇が起きた。わずか一夜、自身の下を離れ、妻が葉山に泊まったことで、悲劇を防ぐことができなかった。その後悔がどれほどだったか、想像するにあまりある。

衝動的な出来事で妻を喪った小倉が、精神の病や障害に対して、どのように考えを巡らせたのか。正確なことはわからないが、その二年後に財団をつくったという事実は、なによりも小倉なりの強い結論と考えるのが自然だろう。

後半の人生をかけて、小倉は精神の病に向き合わざるをえなかった。その根っこにあったのは、何万人もの障害者に対してというより、妻と娘に対する一人の父、どこの家族にも共通する父親としての思いだったように映る。

1992年6月、妻を喪って一年ほど、財団を立ち上げる一年ほど前、小倉はヤマト運輸労働組合の研修会に呼ばれて講演を行った。群馬県・水上温泉のホテルのホール。演題は「新時代の転換とヤマト運輸」という味気ないものだったが、副題がついていた。「変わるべきものと変わるべからざるもの」。ビデオに残る当時六十六歳の小倉はまだ動きにも語り口にも若さが残る。「これは私の遺言です」と述べたこの二時間半の講演で社員に訴えていたのは、「サービスが先、収益(利益)は後」というおなじみの哲学や、一部の強者だけが幸せになるような社会への批判、弱者でも充実した人生を送る会社でありたいという希望などだったが、じつはもう一つ密やかな意味が込められていた。

「副題です」と指摘したのは、現在ヤマト労組で書記長を務める片山康夫だった。

「『変わるべきものと変わるべからざるもの』というフレーズは、アメリカの神学者・ラインホルド・ニーバーの、一般に『ニーバーの祈り』と称される有名な言葉でした。その含意に気づいたとき、小倉さんがわれわれに伝えようとしたことは、その意味で、もっと大きな意味で語っていたのかなと思いました」

そのニーバーの祈りは世界的にこう伝えられている。

〈神よ
変えることができるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることができないものについては、それを受け容れるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを識別する知恵を与えたまえ。〉

この言葉には小倉の洗礼名であるイタリア・アッシジの聖フランチェスコが原典という説も過去にあったが(現在は否定されている)、なにより興味深いのはこの言葉がアメリカ精神医学会の掲げる「十二段階プログラム」という治療プログラムメソッドの言葉として採用されていたことだ。アルコール依存や薬物依存、そして衝動強迫という精神的トラブルの治療プログラムで、このニーバーの祈り(「平穏の祈り」ともいう)は参加者によっていまも唱えられ続けている。

妻と娘の二人の病に悩んだ小倉は、この「ニーバーの祈り」を胸に、自身の祈りを捧げる先を模索していたのではなかったか。そして、その結果として浮かんだのが翌年設立する福祉財団だったとすれば、私財を投じて捧げた思いは、あまねく障害者への思いとともに、安らかならんとする家族の心への祈りではなかっただろうかーー。

私は、かつて「小倉昌男 経営学」を読み、宅急便の成功要因を「『経営者小倉昌男』の秀逸な論理と高邁な矜持」と断じたが、本書を読むに、正しくは「『人間小倉昌男』の秀逸な論理と高邁な矜持」なのだろう。
そして、人間が真に合理的に、誇り高く生きるということは、公私の別なく不断に到来する問題、否、苦難の一つ一つに真摯かつ構造的に向き合い、その原因の根本、又は、一端に必ず自分の非を認め、その贖罪に論理的な最善努力を絶やさないことなのだろう。

やはり、人間が授かる幸福の総量は決まっており、「何かを得れば、何かを失う」のは自然かつ不可避なのだろう。
強欲は、目先の幸福を掴むのは得意でも、生涯の幸福を掴むのは不得意なのだろう。
「人間小倉昌男」の生涯は、正に理不尽な苦難、絶望を、生きるべき糧、希望に絶えず置換した、強欲と無縁のそれだったのだろう。
私は、「人間小倉昌男」に心から敬意を表すると共に、終生少しでも近づきたい。







kimio_memo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍 

2016年06月24日

【邦画】「SADA 戯作・阿部定の生涯」(1998)

[ひと言感想]
私は阿部定事件の存在と概要を、幼少時分、母から聞かされた。
なぜ母は、陰惨かつ破廉恥なこの事件を、幼い我が子に知らせたのか。
直接の理由は現場が近所だったからだろうが、真の理由は定に共感、更には、羨望を覚えたからだろう。
「物足りない」。
定が立花に漏らしたこの言葉は、定の本心であると同時に、当時妻として、また、女として自己肯定不能な日々を送っていた母の、押し殺していた本心でもあっただろう。
人が本心を秘めるのは自然だが、押し殺すのはやはり不自然で、自他共々倍返しが自然なのだろう。


あの頃映画 松竹DVDコレクション SADA 戯作・阿部定の生涯
出演:黒木瞳、片岡鶴太郎、椎名桔平、ベンガル
監督:大林宣彦 
松竹
2013-10-30




kimio_memo at 07:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年06月22日

【第87期棋聖戦/第二局】羽生棋聖、安全勝ちを逃すも初勝利、1-1タイに

[ひと言感想]
羽生善治棋聖自身、連敗を6で止めたのは安堵に違いないが、感想戦で読み抜け(60手目、△3一飛)を指摘され、安心には至らなかっただろう。
羽生不調説」の真偽はさておき、「不調」が「不安定な結果」なら、それはやはり自業自得なのだろう。
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」であり、「結果」は不思議の対処のバロメーターなのだろう。


★2016年6月18日催行
http://live.shogi.or.jp/kisei/
http://kifulog.shogi.or.jp/kisei/87_02/
http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/87/kisei201606180101.html
http://www.sankei.com/life/news/160618/lif1606180047-n1.htmll

続きを読む

kimio_memo at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)将棋タイトル戦 | -棋聖戦

2016年06月16日

【邦画】「花とアリス」(2004)

[ひと言感想]
若者の可能性が無限大なのは、無理筋を普通に言い合える親友に遭い易いからなのだろう。
可能性の扉を開くのは本人に違いないが、ノックするのは親友なのだろう。


花とアリス [Blu-ray]
出演:鈴木杏、蒼井優
監督:岩井俊二 
ポニーキャニオン
2012-09-05




kimio_memo at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年06月14日

【邦画】「男と女の不都合な真実/The Ugly Truth」(2009)

[ひと言感想]
人が恋に落ちるのに「合理的な理由」は(いら)ないのは確かだが、「合理的な道筋」は在るだろう。
その最たるは、本作品の描く恋愛相談、指南だろう。
恋愛の要件である自己開示と他者理解を両者合意して粛々と満たすのだから、この道筋を辿って恋に落ちない方が不合理だ。(笑)
しかし、人はそもそも嫌いな人に相談などしないし、指南を請わない。
「出会い頭」でなく落ちる恋は、確信犯の為せる業かもしれない。(笑)


男と女の不都合な真実 コレクターズ・エディション [DVD]
出演:キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー
監督:ロバート・ルケティック 
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-01-26




kimio_memo at 06:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年06月09日

【邦画】「海街diary」(2015)

[ひと言感想]
「大人になる」ということは、ある意味「不純になること」、「希望を失うこと」である。
大人が子どもを「宝物」と認め、欲するのは、彼らが自らの不純を浄化し、格別の希望を恵んでくれるからだろう。
家族、社会が円満であり続けるには、若く新しい命が欠かせない。


海街diary DVDスタンダード・エディション
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、風吹ジュン、樹木希林、大竹しのぶ
監督:是枝裕和 
ポニーキャニオン
2015-12-16




kimio_memo at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年06月08日

【第87期棋聖戦/第一局】永瀬挑戦者、初タイトル戦で羽生を「永瀬ワールド」に引きずり込み、指し直しの末先勝

[ひと言感想]
永瀬拓矢挑戦者の将棋は「永瀬ワールド」と称され、千日手をも厭わない、とにかく勝てずとも「負けない」勝負スタイルが特徴的だが、彼が羽生善治棋聖に見事先勝したのは、タイトル戦初出場ながら自分の世界とスタイルを貫徹できたからだろう。



実力者に勝つには、それも大舞台で勝つには、独自の貫徹でき、かつ、するに足る世界とスタイルがとりわけ有効、不可欠に違いない。


★2016年6月3日催行
http://live.shogi.or.jp/kisei/
http://kifulog.shogi.or.jp/kisei/87_01/
http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/87/kisei201606030101.html
http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/87/kisei201606030102.html (指し直し局)
http://www.sankei.com/life/news/160603/lif1606030035-n1.html



kimio_memo at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)将棋タイトル戦 | -棋聖戦

2016年06月01日

【第74期名人戦/第五局】佐藤挑戦者、「あくまで冷静」かつ三度目の正直でタイトル初獲得、新名人に

DSCF0017[ひと言感想]
67手目、羽生善治名人の▲6五角に対する佐藤天彦挑戦者の咎めと以降の反撃は、前局と同様よく読み、悉く覚悟したもので、ひと言天晴だった。
とりわけ80手目、「喜び勇んで」取れる角を取らず、「あくまで冷静に」リードの拡大を優先した△2五桂には、ひと言唸った。
佐藤挑戦者はこの一年で三回タイトル獲得に挑戦し、正に三度目の正直にてタイトルを獲得した。
三度目の正直の要件は、読みと覚悟と冷静さ、そして、一気呵成かもしれない。
ともあれ、佐藤新名人の二冠獲得と、羽生三冠のフォーム改造を期待したい。(礼)


★2016年5月30、31日催行
http://mainichi.jp/feature/shougi/meijinsen/
http://mainichi.jp/meijinsen/%E7%AC%AC74%E6%9C%9F%E5%90%8D%E4%BA%BA%E6%88%A6%E4%B8%83%E7%95%AA%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E7%AC%AC5%E5%B1%80/
http://www.asahi.com/articles/ASJ5Z627XJ5ZUCLV01R.html
https://plus.google.com/photos/104086542955423361492/albums/6291040014894640689
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/6d5ee09ce27217ca7b7df3a513028230
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/5892735151145c0aae623ea25e03559d

続きを読む

kimio_memo at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)将棋タイトル戦 | -名人戦

2016年05月31日

【洋画】「ボルベール〈帰郷〉/Volver」(2006)

[ひと言感想]
生きることは、不意、不断に訪れる用事、問題を片付けることだが、たしかに、罪を重ねることでもある。
だから、長く生きれば生きるほど、話したいことが山ほど在るのは、また、そんな自分を無条件に受容してくれる肉親が恋しいのは、当然かつ必然なのだろう。
人が家族を欲するのは、恋しい肉親を絶やさないためかもしれない。


ボルベール<帰郷> [DVD]
出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ
監督:ペドロ・アルモドバル 
ギャガ
2014-12-02




kimio_memo at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年05月30日

【第74期名人戦/第四局】佐藤挑戦者、よく読み、悉く覚悟し、名人奪取に王手

[ひと言感想]
局後の感想」を読んで一番に感じたのは、佐藤天彦挑戦者が本当に手をよく読み、羽生善治名人に実際に指されたら「嫌な手」を悉く覚悟して、強く勝負に出続けたこと。
勝負に覚悟は欠かせないが、やはり強者が相手のそれは、いかに直感や勝負術が高かろうと、充分な読みと想定が欠かせない。
充実の佐藤挑戦者のこと、名人位での「羽生超え」も充分あるかもしれない。


★2016年5月25、26日催行
http://mainichi.jp/feature/shougi/meijinsen/
http://mainichi.jp/meijinsen/%E7%AC%AC74%E6%9C%9F%E5%90%8D%E4%BA%BA%E6%88%A6%E4%B8%83%E7%95%AA%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E7%AC%AC4%E5%B1%80/
http://www.asahi.com/articles/ASJ5V4QQPJ5VPTFC00T.html

続きを読む

kimio_memo at 07:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)将棋タイトル戦 | -名人戦