BMC(ロードバイク)乗り経営コンサルの感動備忘録/有限会社キャタリスト軟式HP

個人と社会の満足を最大化する”触媒(=キャタリスト)”足らんと、顧客&従業員満足創造の視座から小売、飲食、サービス企業の収益向上を支援し、かつ、ロードバイク(スポーツ自転車)BMC GF01を弱虫ベダリングする(笑)有限会社キャタリストの社長兼サティスファクションプロデューサー(経営・マーケティングコンサルタント)堀公夫が、映画、書籍、テレビ、将棋、講演などで感動した言葉と感想を備忘録して参ります!
意見は大歓迎!公式HPと併せて感動と知恵の輪が広がれば幸いです!

【洋画】「羊たちの沈黙/The Silence of the Lambs」(1991)

「ひと言感想」
非凡の特長は「裏切らない」ことである。
そんな非凡と凡人を分かつ最たるは、流儀への異常なまでの拘りである。
イチローを見れば一目瞭然である。(笑)
なぜ、非凡は流儀にかくも拘るのか。
主因は「自我の要件」の認識だろうが、成る程、「他者への礼儀」のそれも負けず劣らずかもしれない。
非凡が「裏切らない」のは、訳があるのである。


羊たちの沈黙 [Blu-ray]
出演:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス
監督:ジョナサン・デミ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-02-05


続きを読む
堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「ファミリービジネス/Family Business」(1989)

[ひと言感想]
フォレスト・ガンプ」に「死は生の一部。怖れることはない」との台詞があった。
これは全くの御意だが、私がそう思えるのは、幼稚園時分に(⇒後に大学時分にも)母がガンで乳房を取り、小中学生時分に祖父母が家で逝ったこと、つまり、不幸に早熟したこと、が大きい。
核家族化の弊害の一つは、不幸への耐性の低下ではないか。
だからこそ、今の若者は「打たれ弱い」のではないか。

ともあれ、「良薬は口に苦し」である。
家族の不幸以上の幸福の良薬は無い。


ファミリービジネス [DVD]
出演:ショーン・コネリー、ダスティン・ホフマン、マシュー・ブロデリック
監督:シドニー・ルメット
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2006-03-10


堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「ミッドナイト・ラン/Midnight Run」(1988)

[ひと言感想]
「来世で会おう」。
表層的には水と油の二人がこう分かり合えたのは、根本的に「哲学(生きる上で譲れないこと、何より大事にすること)」が等しかったことが大きいが、なぜ相手が自分と異なる「水(又は油」」なのか理解、そして、同情できたからだろう。
異なる他者と分かり合うには、異質を物理的に拒絶しない寛容さと胆力、そして、その正体を合理的かつ情緒的に読み解ける知性とメトリクス、が要るのである。
初めて訪れた土地の料理を堪能するには、それなりの勇気と舌が要るのである。(笑)


ミッドナイトラン [DVD]
出演:ロバート・デ・ニーロ、チャールズ・グローディン
監督:マーティン・ブレスト
ジェネオン・ユニバーサル
2012-05-09


堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「めぐりあう時間たち/The Hours」(2002)

[ひと言感想]
人間、および、人間社会がややこしいのは、人間の本性が「無い物ねだり」であることに加え、「最高の一日」が等しくないからである。
当たり前である幸福の「メトリクス」、および、「ドライバー」が等しくないのだから。
時代が変わり、文明が進んだ。
男女も、人生も、オプションが飛躍的に増えたが、人間、および、人間社会にとって「最高の一日」は、依然近くて遠い存在である。


めぐりあう時間たち DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組) [DVD]
出演:ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ
監督:スティーヴン・ダルドリー
アスミック
2003-11-28


堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「ヒッチコックのファミリー・プロット/Family Plot」(1976)

[ひと言感想]
プロフェッショナルの悪党がアマチュアの悪党に負けたのは、プロフェッショナルならではの、或いは、プロフェッショナルだからこその「悲観」癖(へき)の皮肉、かつ、「灯台下暗し」癖の報い、だろう。
癖は両刃である。
プロフェッショナルで在り続けるには、癖の負の側に絶えず注意する必要がある。


ファミリー・プロット [DVD]
出演:バーバラ・ハリス、ブルース・ダーン、ウィリアム・ディヴェイン
監督:アルフレッド・ヒッチコック
ジェネオン・ユニバーサル
2012-09-26


堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「ルーキー/The Rookie」(1990)

[ひと言感想]
「処女作が最高傑作なのはアマチュア」という
たしかに、分野を問わずアマチュアを脱するには、原体験、および、その果ての思考態度を一旦リセットする必要がある。
アマチュアとプロフェッショナルを分かつ最低限は、私情の自制である。


ルーキー(Blu-ray Disc)
出演:クリント・イーストウッド、チャーリー・シーン
監督:クリント・イーストウッド
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-07-14


堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「招かれざる客/Guess Who's Coming to Dinner」(1967)

[ひと言感想]
太宰治は恋愛を「性欲の情動」と断じた。
個人差はあれ(笑)、概してオトコが、それも私のようなジジイ(笑)が、恋愛の情熱にオンナほど肯定的に成れないのは、セックスから遠ざかるからとか、若い時分の実体験を思い出そうとしないから、というより、思い出した挙句、その根源が性欲だと思い知っているからだろう。

たしかに、結婚に限らず、個人の決心に情熱は大事であり、また、欠かせない。
しかし、情緒が主因の決心に基本ロクなモノが無いのは、世界に限らず、自分の歴史を振り返って見ても明らかであり、これにオトコ、オンナの別は無い。

そもそも結婚は、決心することに意義があるのではなく、持続することに意義がある。
ダイエットを見れば分かるように、方法論やソリューションの類が貫徹され難いのは、事前に意義を見定めていないからである。
結婚の持続期間が短くなっているのは、情緒的決心のデフォルト化(社会的正しさ)、そして、意義の見定めの甘さ、の当然の報いである。


招かれざる客 [Blu-ray]
出演:スペンサー・トレイシー、キャサリン・ヘプバーン、シドニー・ポワチエ、キャサリン・ホートン
監督:スタンリー・クレイマー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2013-06-26


続きを読む
堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「フォレスト・ガンプ 一期一会/Forrest Gump」(1994)

[ひと言感想]
「思い当たる節がある。実際でき(てい)ないし、そもそもやろうとしていない。できさえ、やりさえ、すれば人生はもっと・・・」。
本作品が大ヒットしたのは、我々の多くがこの旨の感慨、希望を覚えたからだろうが、我々はフォレストの爪の垢を煎じて飲むべきである。
在りもしないより良いオプション、未来、運命を無根拠かつ我儘に欲する余り、また、経験値の負のバイアスに縛られる余り、受け入れるべき目の前のオプションに従順になれないは、できること、やるべきことを自分で自分に好都合に言い訳してスルーするは、では、折角の人生を浪費するだけである。
羽生善治は将棋の本質を「他力」と説くが、多分に人生もそうなのである。


フォレスト・ガンプ 一期一会 [Blu-ray]
出演:トム・ハンクス、ロビン・ライト、サリー・フィールド、ゲイリー・シニーズ
監督:ロバート・ゼメキス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2012-09-14


堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「最高の人生のはじめ方/The Magic of Belle Isle」(2012)

[ひと言感想]
人間は脆弱な生き物であり、「生き物として潰れないこと」が自助の本質である。
人間が歳を重ねれば重ねるほど頑固になるのは、それも不幸に遭えば遭うほどそうなるのは、自助が働くからである。
そうして自分で自分を積極的に肯定しなければ誰も自分を肯定してくれず、身が危ういからである。
然るに、モンテがオニール一家から無条件に肯定され、頑固と未練の鎧を脱ぎ去り、挙句、余生の新たな扉を彼女たち共々開けたのは自然である。
先にモンテが、ひと言多くも(笑)彼女たちを無条件に肯定したのが端緒だが。

頑固は、基本「不毛」である。
しかし、硬く閉ざした部屋を隣人にノックさせ、信ずべき個人としていざなう、格好の「機会」、ないし、許される「甘え」かもしれない。
成る程、「避『暑』地」のいくつかは、甘えの許される「避『不幸』地」かもしれない。(笑)


最高の人生のはじめ方 [DVD]
出演:モーガン・フリーマン、エマ・ファーマン、ヴァージニア・マドセン
監督:ロブ・ライナー 
アメイジングD.C.
2013-03-06


堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画 

【洋画】「42 世界を変えた男/42」(2013)

[ひと言感想]
「『法律』に背けば称賛される場合もあるが、『慣習』に背けば排除されるしかない」。
この台詞は多々考えさせられるが、ここでの「慣習」は「常識」とも言えよう。
成る程、我々は「常識、非常識」と「善、悪」が区別できない、「困った生き物」なのだろう。

しかし、次の台詞を紐解くに、我々は自分を、そして、未来をそう悲観しなくても良いのかもしれない。
「NYは黒人の野球ファンの宝庫だ。カネ、ドル札の色は白でも黒でもなく、緑だ」。
そう、我々は「カネ」を創造、利用しているからである。
カネは万民の共有ツールであり、共通言語であり、「カネに色はない」からである。
カネは、それを媒介に、先の困った性(さが)を我々に気づかせ、改めさせてくれる、そんな力を秘めているからである。

世界を変える人間は「リーダー」である。
どうりで、リーダーはカネの利用法、とりわけ「見せ方」が上手い訳である。


42~世界を変えた男~ [DVD]
出演:チャドウィック・ボーズマン、ニコール・ベハーリー、ハリソン・フォード
監督:ブライアン・ヘルゲランド 
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-11-05


続きを読む
堀 公夫kimio_memoコメント(0)  
カテゴリ: 映画