2018年10月22日

【洋画】「フラッシュダンス/Flashdance」(1983)

[ひと言感想]
青春は、挫折を超える希望、人、狂気の宝庫である。
「マニアック」と称されたそれは、生涯の糧、勲章である。


フラッシュダンス[AmazonDVDコレクション]
出演:ジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ
監督:エイドリアン・ライン
パラマウント
2018-03-20


続きを読む

kimio_memo at 08:50|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月19日

【ドラマ】「向田邦子の恋文」(2004)

[ひと言感想]
人生の大事は張りをなくさないことである。
その最たるは、褒めてもらいたい人に褒めてもらえることである。
とりわけ我々小市民は、褒めてもらいたい人に褒めてもらえるから、頑張れるのである。
翻って、褒めてもらいたい人に褒めてもらえる見込みがないと、頑張れない、自棄を起こす、のである。
妹の和子曰く、邦子は「一途」だったという。
一途で事を為す人というのは、いかに外部環境が変われど、褒めてもらいたい人から褒められた喜び、褒められる見込み、を自らなくさない人を言うのかもしれない。


向田邦子の恋文 [DVD]
出演:山口智子、大口広司、樹木希林、岸部一徳、岸本加世子、藤村志保、田畑智子
監督:久世光彦
TBS
2004-07-14


続きを読む

kimio_memo at 06:59|PermalinkComments(0)テレビ | DVD

2018年10月18日

【邦画】「岸辺の旅」(2015)

[ひと言感想]
人に先立たれて自失するのは、後ろめたさと償いのないまぜである。
「あの人にもっとできることがあったのではないか。報いるべきことがあるのではないか」。
かくなる止めどない思いが、今日を遮るのである。
「後ろめたさはお互いさま。報いるべきは、あの人を糧に今日を生きること」。
かくなる達観、或いは、その道程、営みが、自失の回復と人の成仏を可能にするのである。
人は風に吹かれてみるものである。


岸辺の旅 [DVD]
出演:深津絵里、浅野忠信
監督:黒沢清
ポニーキャニオン
2016-04-20




kimio_memo at 07:18|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月15日

【洋画】「2010年/2010: The Year We Make Contact」(1984)

[ひと言感想]
やはり、我々人間は宇宙のマイナリティである。
宇宙からすれば、はたまた、人工知能コンピュータからすれば、我々の考えはドングリかつ浅知恵である。
マイナリティの生存戦略は正直かつ平和である。


2010年 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
出演:ロイ・シャイダー、キア・デュリア、ダグラス・レイン
監督:ピーター・ハイアムズ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-01-17




kimio_memo at 07:24|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月12日

【洋画】「2001年宇宙の旅/2001: A Space Odyssey」(1968)

[ひと言感想]
全てを理解、我が物にしたがるのは人間の長所、かつ、傲慢である。
人間は所詮宇宙のマイナリティである。
寛容とは、マイナリティの他者を肯定することではなく、自己のマイナリティをわきまえることである。


2001年宇宙の旅 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
出演:キア・デュリア、ウィリアム・シルベスター、ダグラス・レイン
監督:スタンリー・キューブリック
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-02-17




kimio_memo at 06:59|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月11日

【洋画】「パトリオット・ゲーム/Patriot Games」(1992)

[ひと言感想]
結局、大義は私情の口実か。
大義の声高な主張者は私情まみれか。
家族以上の他者を想うのは偽善か。


パトリオット・ゲーム スペシャル・エディション [Blu-ray]
出演:ハリソン・フォード、アン・アーチャー、ショーン・ビーン
監督:フィリップ・ノイス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2012-09-14




kimio_memo at 07:10|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月09日

【洋画】「オースティン・パワーズ:デラックス/Austin Powers: The Spy Who Shagged Me」(1999)

[ひと言感想]
同じモノを見聞きしても、それを笑える人と笑えない人が居る。
両者を分かつモノは何か。
根本は知見の質量である。
持てる知見の質量がリッチなら、見聞きしたモノの咀嚼、連想もリッチで、笑い易い一方、質量がプアなら、咀嚼、連想もプアで、笑い難い、という訳である。
笑いは幸福度と相関するという。
幸福は、知見リッチへの投資の一リターンである。


オースティン・パワーズ:デラックス [DVD]
出演:マイク・マイヤーズ、ヘザー・グラハム、ヴァーン・J・トロイヤー
監督:ジェイ・ローチ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-07-20




kimio_memo at 07:07|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月05日

【邦画】「海賊とよばれた男」(2016)

[ひと言感想]
国岡商店は今で言うブラック企業だが、その自覚は店員に無かったろう。
皆、店主がこの上なく大好きだったからである。
この上なく大好きな人と価値観と志、そして、行動を共にできること以上の至福は無いからである。
成る程、企業家は本質的に博打打ちであり、かつ、あって然るべきだが、彼らが博打を打ち続けられるのは、同志の笑顔の道連れが約束されているからである。


海賊とよばれた男 [DVD]
出演:岡田准一、綾瀬はるか、小林薫、近藤正臣
監督:山崎貴
Sony Music Marketing inc. (JDS) = DVD =
2017-07-05


続きを読む

kimio_memo at 07:20|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月04日

【洋画】「インサイダー/The Insider」(1999)

[ひと言感想]
結局、パチンコが絶えないのが、朝行列してまで打つ人が絶えないからであるように、不適切な商品が絶えないのは、そのマーケット、および、ニーズが絶えないからである。
たしかに、メディアが不適切な商品やその製販企業を周知、糾弾するのは有意だが、それだけでは片手落ち、かつ、もぐら叩きで、当の「英雄」インサイダーも浮かばれない。
該当マーケットの持続メカニズムを解明し、関係者個々に改心を迫らねば。
個人の啓蒙を忘れたメディアは企業、権力の犬である。


インサイダー DVD
出演:アル・パチーノ、ラッセル・クロウ
監督:マイケル・マン
ポニーキャニオン
2016-09-21




kimio_memo at 07:20|PermalinkComments(0)映画 

2018年10月03日

【洋画】「ストレンジャー・ザン・パラダイス/Stranger Than Paradise」(1984)

[ひと言感想]
「出会い」と「すれ違い」は人生の常である。
だから、人生は残念と言えるし、自分次第とも言える。
「すれ違い」を人生の妙に感じるのは、善人の達観か落伍者の気まぐれかのいずれかだろう。


ストレンジャー・ザン・パラダイス [DVD]
出演:ジョン・ルーリー、エスター・バリント、リチャード・エドソン
監督:ジム・ジャームッシュ
バップ
2014-06-18




kimio_memo at 07:13|PermalinkComments(0)映画