2017年04月27日

【洋画】「激突!/Duel」(1971)

[ひと言感想]
坂本龍一が、新譜「async」のプロモーション(笑)のインタヴューで、「数年来(他者とのコミュニケーションは)専らEメールを選好しており、大衆化しアノニマス利用も可能なSNSは、社会や将来への不満のはけ口に堕し、極力遠ざかりたい」旨答えていた(P26)。



async
坂本龍一
commmons
2017-03-29


坂本の思いは分からないでもないし、私もその思いが全くないというと嘘になるが、坂本も後述しているように、SNSのタイムラインが社会の写し鏡である以上、元凶はSNSというツールではなく、その使い手である我々人間、および、良くも悪くも他と異なる「個人」である。
本作品に込めたスピルバーグ監督の思いの一つは、こうした「個人」、および、その雑多な集合の「社会」の危うさ、安寧のはかなさ、ではないか。
本当の危機、恐怖は、安寧の折には見え難い、想像し難い、否、見えない、想像できない。
然るに、人生は「一寸先は闇」な訳だが、その原因、元凶は、半分が天災の容赦なさ、そして、あとの半分は個人の危うさ、である。


激突! [Blu-ray]
主演:デニス・ウィーヴァー
監督:スティーブン・スピルバーグ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-09-02




kimio_memo at 06:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年04月24日

【BSTBS】「SONG TO SOUL 永遠の一曲」Derek and the Dominos”Layla”〔解説〕パティ・ボイドさん

【ナレーション】
(エリック・クラプトンは、)ジョージ(・ハリスン)とは、パティ(・ボイド)のことで傷付け合うこともあったが、その死まで、友人として親しい関係を保ち続けた。

【パティ・ボイドさん】
私は鏡になった気分だわ。
彼らが私を見る時に見ていたのは、彼ら自身よ。

【インタビュアー】
エリックはあなたのどんな部分を見ていた?

【パティ・ボイドさん】
セクシー(な部分ね)(笑)

【インタビュアー】
ジョージは?

【パティ・ボイドさん】
スピリチュアル(な部分よ)。

「ジョージが虜になったのは、私の精神面で、後年エリックが虜になったのは、私のセックスだろう。だが、いずれも所詮『入り口』で、『出口』は彼ら自身、つまり自己だろう」。
ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの元妻、パティ・ボイドさんの述懐は成る程であり、また、深い。
近年、「ゲス不倫」の言葉が流行るなど、日本では不倫を否定的に評価する向き」が強まっているが、二大音楽家を虜にし、かつ、彼らに不朽の名作を多々書かせしめた、あるいは、それらの「生みの苦しみ」を肩代わりしたパティさんからこんな話を聞かされると、以下結論付ける他ない。

【1】不倫の如何を問わず、恋路は、人生と同様「いろいろ」であり、互いを求めるほか「生き物として潰れてしまわない」術がなければ、自己責任を覚悟し歩む以外ない。





【2】然るに、他人の恋路のてん末とその本当の効用、不効用は当事者にしか分からないし、社会的な効用、不効用も後世しか分からない。

【3】然るに、他人の恋路を一時的かつ表層的に見、「ゲス」と評するのは無理がある(→が故、他人の恋路を矢鱈否定的に評し、邪魔するヤツは馬に蹴られて死ぬのが自然である。笑)。

【4】然るに、本当にゲスなのは当事者ではなく、「向き」の主体であり、かつ、「似非」聖人君子&全人格主義で嫉妬深い、我々小市民である。

パティさんに言われて改めて成る程だったのは、たしかに「入り口」だったかもしれないが、クラプトンがパディさんのセックスの虜になり、また、パティさんもそれを受け入れたこと。
小市民がもっとゲスに勘ぐれば(笑)、クラプトンがジョージより一足遅く、しかし、ジョージより一足(?・笑)熱くパティさんに発情し、パティさんもそれに応えたこと、である。

大ヒット小説&映画の「失楽園」は勿論フィクションだが、作中で描かれている「セカンド・ラブ」ないし「ポスト結婚」の恋路、および、肉欲の「始末の悪さ」は身に覚えがなくはない。(笑)



失楽園 [DVD]
黒木瞳
パイオニアLDC
2000-11-23


なぜ、当事者は「セカンド・ラブ」ないし「ポスト結婚」の恋路、および、肉欲の「始末の悪さ」、もっと言えば、「高コストとリスク」、を肯定してしまうのか。
否、拒めないのか。
それらの恋路の本懐が、人間の根源欲求の一つである「DNAの拡散」だからだろう。
企業は「法人」である。
企業の、本来の意味における「リストラ」や「イノベーション」は、「法人」との「生き物」として辛うじて潰れていない現状を、コストとリスクをかけて否定、ガラポンする(必要がある)点で、「セカンド・ラブ」ないし「ポスト結婚」の恋路に通底する。(笑)
だとすると、とりわけ日本の企業が依然リストラにも、イノベーションにも往生しているのは、その敢行の「始末の悪さ」の「出口」が人間の根源欲求に繋がっていないからか、繋がっていても優先順位が低過ぎるからか、のいずれかとも考えられる。
我々は「始末の悪さ」そのものが嫌なのではなく、根源欲求に繋がる出口の「ない」、もしくは、「見えない」「始末の悪さ」が嫌なのである。



★2017年4月9日放送分
http://www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/onair/onair_118.html

続きを読む

kimio_memo at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビ 

2017年04月13日

【洋画】「マラヴィータ/The Family」(2013)

[ひと言感想]
長女ベルが、家族の一大事を知るや否や失恋自殺を中止し、挙句、長男ウォレンと獅子奮迅の働きで家族を救ったのは、出来過ぎと言えば出来過ぎだが、実際そんなものだろう。
大瀧詠一は「人生は暇つぶし」と言った。
自棄は大事を欠く、個人的かつ贅沢過ぎる暇つぶしである。


マラヴィータ [DVD]
出演:ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、ディアナ・アグロン、ジョン・デレオ、トミー・リー・ジョーンズ
監督:リュック・ベッソン 
Happinet(SB)(D)
2015-06-02




kimio_memo at 06:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年04月11日

【洋画】「グッドフェローズ/Goodfellas」(1990)

[ひと言感想]
主役連中は今的に言えば「クズ」だが、なぜそんな彼らに我々小市民は、痛快や憧憬等々肯定的な感情を覚えるのだろう。
人間の根源的欲求である「感情の赴くままにシンプルに生きること」が、近年制限の一途を辿っている、それも様々不公正かつ不本意に、との思いがあるからで、イギリスのブレグジット(Brexit)やアメリカのトランプ現象を支持したココロも少なからずこれだろう。
たしかに、我々の「感情の赴くままにシンプルに生きること」が制限されているからこそ、社会は秩序だち、崩壊せずに済んでいるが、制限の手法、および、概念(コンセプト)は再考の余地、否、必要、があるのかもしれない。
人間の知性は感情と論理の折り合い、結節点を個人的かつ社会的に、そして持続的に最適化することにこそ、発揮されて然るべきだ。


グッドフェローズ [DVD]
出演:レイ・リオッタ、ジョー・ペシ、ロバート・デ・ニーロ
監督:マーティン・スコセッシ 
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21




kimio_memo at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年04月10日

【邦画】「あん」(2015)

[ひと言感想]
人間は、「無くて七癖」であり、「無くて持病」である。
誰しも、持っていないと「思ってる」、ないし、無意識に「思おうとしている」が、何らかの病を、それも不治の病を持っている。
徳江も千太郎もワカナも、そうである。
皆、自覚の有無や強弱はさておき、持っている。
彼らの病因は様々である。
自責もあれば他責、運責(?)もあり、無論、後者は酷である。
けれど、この世に出られた以上、その不遇、不条理を延々嘆くべきではないのである。
否、延々嘆くのは勿体無いのである。
徳江のように、常に五感を澄ますのである。
そして、そんな自分でも今できること、そんな自分だからこそ今できることを探し、五感で確かめ、「生きる意味」の、即ち、自己肯定の足しにするのである。
持病があってこそ、持病との共存共栄を観念、悪あがきし続けてこそ、人間である。


あん DVD スタンダード・エディション
出演:永瀬正敏、内田伽羅、樹木希林
監督:河瀨直美 
ポニーキャニオン
2016-03-16


続きを読む

kimio_memo at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年03月31日

【洋画】「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud & Incredibly Close」(2011)

[ひと言感想]
何とも考えさせられる作品だが、先ず以下気づかされた。
思いつくまま、かつ、誤解かも、だが。(笑)

【1】
とりわけ個人の自由と権利が尊重される先進国において、核家族はデフォルト化したが、倉本聰の言うように、挙句、国民は「人の死」を経験する初齢を上げ、経験値を減らしている。
我々が精神的に脆いのは、人生の一番の理不尽、かつ、悲劇である「人の死」を正視、および、自分事(⇔他人事)視する能力が低いからかもしれない。

【2】
人生とは、不意かつ不断の悲劇、ないし、それにまつわる自分の後ろめたさと決着を付けることかもしれない。

【3】
我々が悲劇と決着を付けるには、一人でも多くの他者の間合いに入り、彼らに共感すること、つまり、彼らの悲劇を理解し、自分の悲劇との通底を確信すること、挙句、異なる人間として肯定、受容し合うこと、が「有力解」かもしれない。

【4】
とはいえ、
我々が悲劇と決着を付けるのに「正解」は無い、というか、「正解」を求めてはいけない、のかもしれない。
とりわけ、個別かつピンポイント的に決着を付けるそれは。
我々が悲劇に遭い、時に長く立ち止まってしまうのは、正解を求め、完全な自己納得を志向、および、試行してしまうせいかもしれない。

【5】
正解を求める余り長く立ち止まっている人に、再び歩き出す後押しを惜しまないことこそ、親族や親友の本分かもしれない。

【6】
正解が無い以上、我々が決着を付けられる悲劇は限られ、多くは「持病」として生涯付き合う必要があるのかもしれない。
また、それを、我々は観念する必要があるのかもしれない。

【7】
ただし、持病には悲劇や、それにまつわる後ろめたさだけでなく、喜びやその類も含まれるのかもしれない。
我々が持病を抱えて生き続けられるのは、後者が希望と成り、前者を癒やし、中和できるからかもしれない。
我々は持病をトータルで理解し肯定して良い、というか、肯定すべきなのかもしれない。



ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]
出演:トーマス・ホーン、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドー、トム・ハンクス
監督:スティーブン・ダルドリー 
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2013-02-06




kimio_memo at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年03月28日

【洋画】「ツーリスト/The Tourist」(2010)

[ひと言感想]
たとえ各種技術が進化したとはいえ、恋人を旅人と見間違うとは、やはり「恋は盲目」ということなのだろう。(笑)
間違いの元凶は凡そ「無知」、そして、(それに因る)「決めつけ」である。
私を含め、浅はかで感情ファースト(笑)な現代人が、当たり前のように離婚するのは当たり前である。(苦笑)


ツーリスト [DVD]
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、スティーヴン・バーコフ
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-07-27




kimio_memo at 06:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年03月27日

【邦画】「武士の献立」(2013)

[ひと言感想]
料理とは、詰まる所「食す人を思いやること」、即ち「相手のニーズを読み解き、かつ、でき得る最善を思案、実行し、最上の笑顔を引き出すこと」である。
この思考態度は、夫婦生活、否、人生の全てに通底する。
「妻をめとらば才たけて、みめ美わしく情ある」なのは確かだが、「妻(or夫)をめとらば料理の才たけて」で十分である。
料理の才人の伴侶化は、人生最大の投資案件である。(笑)


武士の献立 [DVD]
出演:上戸彩、高良健吾、余貴美子、西田敏行
監督:朝原雄三 
松竹
2014-06-07




kimio_memo at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年03月24日

【洋画】「恋愛だけじゃダメかしら?/What to Expect When You're Expecting」(2012)

[ひと言感想]
ウェンディがつわりに負け、折角の講演をぶっちゃけ(本音)トーク&台無しにするも、その動画を見た同じ妊婦、かつ、共感者が、翌日ウェンディの店に押し寄せ、大賑わいしたエピソードはハートウォーミングだが、気づきも多い。
以下は、その最たるである。

[1]「他者の話を見聞きする」真のニーズは、「気づき」や「学び」ではなく「共感」、詰まる所「自己肯定」、である。
[2]「共感」の本質は「喜劇(幸福オチネタ)」ではなく「悲劇」を他者と分かち合った確信と、それに因る自己肯定感、である。


悲劇と喜劇は表裏である。
そして、誰かの悲劇は凡そ他の誰かの喜劇だが、成る程、だからこそ我々小市民は、他者の悲劇に自分の悲劇を見、かつ、確信すると、強く共感し、その他者にシンパシーと信頼をも覚えるのだろう。

「幸せを守るのではなく、分けてあげる」。
松崎ナオは「川べりの家」でこう、「幸せのお裾分け」を提唱している。



川べりの家
松崎ナオ
M&I
2006-11-15



松崎の提唱はこれまた成る程だが、現実問題、我々の「他者と時を同じくする」真のニーズは「不幸せの道連れ」かもしれない。



恋愛だけじゃダメかしら? [DVD]
出演:キャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、アナ・ケンドリック、ブルックリン・デッカー
監督:カーク・ジョーンズ 
Happinet(SB)(D)
2013-04-02


続きを読む

kimio_memo at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年03月17日

【洋画】「アナと雪の女王/Frozen」(2013)

[ひと言感想]
不断に利害関係が複雑化し、世知辛さが募る今、ありのままに生きられるのは、せいぜい生まれたばかりの赤ちゃんと老人、それも、とりわけ暴走系の(笑)老人だけである。

暴走老人! (文春文庫)
藤原 智美
文藝春秋
2009-12-04


石原慎太郎 「暴走老人」の遺言
西条 泰
ベストセラーズ
2013-04-23


赤ちゃんはさておき、なぜ老人は、持てるリソースの範囲内とはいえ、ありのままに生きられるのか。
正確には脳科学の問題のようだが、ありのままに生きることに因る外部環境との不協和、不適応の不便益、および、致命度が、加齢するほど低減していくとの、行動経済学の問題も大きいのではないか。

亡き母の名言の一つは「失うモノが無い人は、怖い」である。
ありのままに生きられる人は、失うモノが無い人ではないか。


アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
声:クリステン・ベル/神田沙也加、イディナ・メンゼル/松たか子
監督:クリス・バック 
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-07-16




kimio_memo at 06:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画